青蘭の徒然ゲーム日記

アメブロから引っ越してきました!ゲームを中心に徒然なるままに書き散らしていきます

ジャックジャンヌ 織巻寿々エンド感想(ネタバレ有り)

f:id:kaennothuki:20210409202559j:image

 

織巻寿々ルートをクリアーいたしましたので!

感想を書いていきますよーーー!!ヽ(o´∀`o)ノ

 

スズくんは初見で最初に気になったキャラでして、キャラの雰囲気から一番のメインキャラなのかな?と思っていたのですが。

クリアーしてみるとメインキャラというより、むしろもう一人の主人公、って感じで!!メインストーリー+親密度イベントからの個別ルートの話がもう本当に胸アツでした!!

青春です!!これぞ青春ストーリーって感じ!!大好き!!!(笑)

 

ということで、早速以下ネタバレ有りにて感想を書いていきまーーすヽ(o´∀`o)ノ

 

あ。個別エンドの感想を書くのは最初ですが、クリア状況としては2人目になります!

完全初見プレイでいつの間にやらフミさんのグッドエンドにいっていたんですよねぇ……(笑)

なので、若干高科更文ルートネタが入るかもしれませんが、あらかじめご了承くださいませm(__)m

 

 

 

 

 

--------------------

 

 

 

 

 

 

スズくんの話は本当に、ザ・主人公!!って感じで盛り上がりましたね!!

どんな困難にぶち当たっても真正面から乗り越えて、また真っ直ぐ進んでいく感じが最高に格好良かったです(*´艸`)

 

新人公演、夏公演と良い役をもらって、順風満帆なスタートを切ったと思いきや。

秋公演の役作りに躓き、そこからまさかの怪我で役を下りる形に。

冬公演も華々しい役ではなく、またしても役作りに悩みに悩んで……。

 

でも冬公演で、自分の限界を知り、それでも自分のできることを続けていくことを選んだスズくんは、本当に格好良かったですよ!!もう本当に!!

 

そして全力を出し切って冬公演を終えることができたけれど、結果は個人賞受賞ならず。

みんながいる場所では素直に創ちゃんと希佐ちゃんのことを祝福していたけれど、二人きりになった時に悔しくて涙を見せる姿がもうね……!!凄い好きでしたこのシーン!!

秋公演とは違い、全力でぶつかった結果としての敗北、という経験が、確実にスズくんを成長させたんだろうなぁって。

青春だよ……本当に王道青春ストーリー……大好きです……←何度言っているのか(笑)

 

 

そして迎えるクリスマス。

性別バレシーンは、スチルの雰囲気もあって結構胸に来るものがありましたね……。

何気にスズくんの親密度イベントは、途中からかなり切なく感じる流れでしたからね!2つ目のタコのノリはどこへ行ったのやら!!(笑)

 

そもそも最終公演の内容ってそのまま二人の関係を示唆しているので。

おそらく出会いの段階で、スズくんには一目惚れに近い感情があったように思うんです。

男子校に女子がいるはずないって頭では考えていても、無意識に女子だと直観している部分があって、その無意識の部分で恋愛感情も持っていた、みたいな。

それが親密度イベントでより親密になるにつれ、意識の上でも確信していくような流れなんだろうな、と。

 

だから4つ目の親密度イベント以降のスズくんは、裏で相当苦労していたんだろうなと思ってしまうんですよね……。

最初からずっと好きだったことを、ここに来て初めて自覚したんですよ!!そりゃあもう、気持ちが育ち切って手に余るでしょうよ!!(笑)

それでも希佐ちゃんのために、自分のために、隠しておかないといけないと考えていたのが5つ目のイベント。

あれもね……本当に好きでした。いや、どのイベントも全部好きなんだけど(笑)

希佐ちゃんのことが好きで、でもそんなことは言えない。女性だと確信していることすら言えない。何をすればいいのかも分からず、何もできない。

ジレを演じるうえで、その辺の親密度イベントの葛藤も反映されていたんだろうなと思うと、最終公演でジャックエースを射止めるのも当然の結果ですよね(*´ω`*)

 

実はね。最初にフミさんのエンディングを見てしまったせいで「カイさんはいいとして、根地先輩や他のキャラが主役になるのは無理がないか……??」と心配していたのですよ。

でもスズくんはそんなプレイヤーの杞憂すら吹っ飛ばしてくれましたね!本当に格好良いやつです!(笑)

スズくんはスズくんにしかなれない、だからこそ、親密度イベントの経験がスズくんを大きく成長させたんだろうなと。

メインストーリーだけでは足りない。親密度イベントの葛藤を経験したからこそ他の人よりも大きく成長でき、それを越えたからこそのジャックエースっていう……この流れがね。完璧すぎて惚れました(笑)

 

 

そしていよいよ最終公演。

まさか他のクラスも全員1年生が主役に選ばれるとは思わず、かなりビックリしました(笑)

ルートによって他のクラスの話も変わってくるんですね!

稀ちゃんも加斎くんも結構好きなので、その二人の成長が見られたのも嬉しかったですねぇ(*´ω`*)

希佐ちゃんに難癖付けようとした紙屋をスズくんが呼び止め、それを察知して創ちゃんが希佐ちゃんを連れてその場を離れるシーンでも。

あとから加斎くんと稀ちゃんが来て、3人で紙屋くんに対峙!からの各々クラス優勝を宣言する、ってアレもね!!本当に青春だよね!!めっちゃ好き!!(笑)

クォーツの中だけでなく、学年ごとの横のつながりも見れたのは良かったなと思います(*´ω`*)

 

もちろん創ちゃんもね……成長したというか、吹っ切れた感じがとても好きでした(笑)

クリスマスに創ちゃんにも性別がバレたことを話したとき、クリスマスを一緒に過ごしたという情報ですべてを察して、一発殴らせて発言の流れがね!!ベタなんだけどめっちゃ好きで!!(笑)

スズくんも察して、それに応じるのがさ……本当にもう、青春かよ!!って!!←青春です(笑)

その後、鳳くんに対しても吹っ切れて、バサバサ斬り捨てていく感じがめちゃくちゃ好きでした(*´艸`)

……いや、可哀想なんだけどね?キス観の話を聞かされるシーンとかね?どんな拷問だよ、って思いましたよ?

それも鳳くんのおかげで捌け口ができてるからね!本当に鳳くんは最高の脇役だと思います!大好きです!!(笑)

まぁそれでも最後に舞台上でガチチューを見せつけられた衝撃は如何ほどのものかと思いますが(笑)

あの雰囲気ならその衝撃も乗り越えて、二人といい関係を続けてくれると信じています(*´ω`*)

 

 

あ。つい創ちゃんについて語りすぎてしまった(笑)

最終公演で希佐ちゃんと並んで再び主役になることができたわけですが、女性だとはっきりした結果……というより、女性だとはっきりしたことで自分の気持ちもより強く自覚してしまった結果、不安が的中し演技に支障が出る事態に。

希佐ちゃんが好きだという感情が表に出てしまえば、女性だとバレてしまうかもしれないですからね。

この問題をどう乗り越えるかの答えが、逆にギリギリまで演技の中で表現してしまう、という!

これが本当にスズくんらしくて!!どんな問題も正面からぶつかって、乗り越えて、真っすぐ進んでいくんですよね!!本当に格好良いですよ大好きです!!←何度目だ

 

希佐ちゃんは、おそらくここまでスズくんのことを異性として好きかどうかを判断してこなかったと思うんですよね。

まぁ変態(的なファン)に付け回された時、スズくんの姿にほっとしていたり。

無意識にスズくんの姿を探していたり。心の拠り所としていた節はあるんですが。

それが友人の範囲なのか、特別な異性としてなのかは、まだ判別できていなかった。だからスズくんの気持ちのこもった演技に、正面から答えることができなかった。

でもスズくんの演技を受けて、自分の気持ちを見つめ直して、その答えをまた演技に乗せて返す、って……もうこの辺もめっちゃ好き!!!(笑)

……まぁ、全部察してしまう創ちゃんが……ね。本当に可哀想な子だよ(笑)

 

 

そして最終公演当日。

まさか希佐ちゃんを庇ったときの怪我が酷かったとは思わず、プレイヤーも本気でハラハラしながら見守っていたのですが(笑)

途中で怪我がバレて、「本当」に続けられるのか、舞台袖で議論されるシーン。

スズくんのセリフもグッと来たのですが、そのあとの鳳くんのセリフがさ!!!もうね!!!あれで完全に涙腺が崩壊しましたよ!!!(笑)

ずっと苦々しく見てきた鳳くんだからこそのあの発破のかけ方ね!!!こんなところで格好良く決めるんじゃないよ鳳のくせに!!そんなところが大好きだよ!!!(笑)

 

結局舞台はそのまま続いて、とうとうアドリブを任されたラストのシーン。

歌の後の流れがさ……何ていうの?セリフがめちゃくちゃ綺麗で感動的で、ここでまたしても涙腺崩壊でした(笑)

クリア後に台本見たんですが、あれ本当に全部アドリブなんですね!!どんな語彙力してるんだよあの二人!!!(笑)

あれを役に乗せて言葉に出来る、ってところに、ジャックエースとアルジャンヌの真価を見た気がします……めちゃくちゃ格好良かった……凄い好き……(語彙力)

 

そのアドリブの続きからエンディングになる流れも、めちゃくちゃ好きでした(*´艸`)

スチルも綺麗だったしねぇ……最高のエンディング!!って感じで、満足感が凄かったです。とにかく好きだった←何度目

(蛇足ですが、最終公演後エンディング前に各々と会話をするなかで、フミさんとの会話に胸を撃ち抜かれそうになっていました…ごめんよスズくん…(笑))

 

 

そういえばエンディング曲を聴きながら思ったのですが。

希佐ちゃんとのデュエットを考えた時に、一番好きな相手はおそらくスズくんなんです。

体験版で「鈴かけの木をこえて」に惚れ込んだ、って経緯もあって(笑)

声の相性を考えた時に、希佐ちゃんとスズくんのペアで聴くのが一番好きなんですよね。

まぁ公演曲のなかでは、他に白田先輩しかちゃんとデュエットしていないので、仮の順位にはなるんですけど(笑)

早く他のキャラでもエンディング曲を聴いてみたいですね!!いつになるか本当に分からないけれど!!(笑)

 

 

そしてエンディング後の、ベストエンドストーリーですよ!!

入学式当時の流れを、今度はアルジャンヌ、ジャックエースの立場で迎えるっていう!!これまた熱い展開!!!好き!!!←

これからは上級生として、2人でクォーツを引っ張っていくんだろうなぁ……と妄想を掻き立てられる素敵な終わりでした(*´艸`)

 

 

 

はぁ……ストーリーを追って語っただけで、かなり時間がかかったぞ(笑)

いやね。本当にスズのストーリーは、もうめちゃくちゃ好きなんですよ。

キャラだけで言えば、個人的にはフミさんの方が好きなんです。もちろんスズも好きだけど、強いて順位を付けるならフミさんに軍配が上がる。

でもメインストーリーをスズ中心で見た時の展開とか、そこに親密度イベントが関わった時の情景とか、個別ルート入った後のストーリーとか、その辺はスズの方が好きなんです!もう本当に好き!!断然好き!!めっちゃ好き!!!←

なのでついついこんなに長ったらしく語ってしまいまして……本当、長すぎてすみません(笑)

これでもまとめたつもりなんですよ!!これだけ書きなぐったのにまだまだ書き足りない気持ちなんです本当は!!(笑)

 

 

えぇと。最後に、個人的に特に好きなスチルと親密度イベントについて少し語って終わろうと思います(* 'ω')ノ

まずスチルはこちら!!

 


f:id:kaennothuki:20210409202610j:image

 

分類としては共通になるんですが、まぁこの辺からルート分岐していると言っても過言ではなかろう(笑)

合宿中の海イベントのスチルですヽ(o´∀`o)ノ

 

クリスマスとエンディングもかなり好きなので、結構迷ったのですが。

こちらの方がスズくんらしい明るさがあって好きだなぁと思ったので、こちらを選びました(*´ω`*)

本当、綺麗なスチルですよねぇ……こういう構図も好きだし、色使いやらなにやら全部綺麗で、全スチルの中でもトップクラスに好きなスチルです。ポスターで欲しい(笑)

 

 

イベントの方は、このあとの肝試しや露天風呂事件がめっちゃ面白くて大好きでした(笑)

御法川先輩のキス魔事件やら、親密度イベント2つ目のタコの王様もそうだし(笑)、スズくんのイベントは面白いものが多くて好きですね!

パッと目を引く明るさがあります(*´ω`*)

……まぁ親密度イベント3つ目では、いきなり胸を撃ち抜かれた気持ちになったわけですが(笑)

「彼女か?」のあのセリフが……もうあの一言で胸を鷲頭嚙まれた気持ちになりましてね……何あの言い方……こっちが苦しくなる……(´;ω;`)

1つ目のイベントから好きだったんですが、もうこのセリフで「あ。これは絶対好きになるやつだわ」って確信しましたね(笑)

 

そしてクリスマスプレゼントのアレね……もう何してるんだよ可愛いよ!!って思って(笑)

休日会話のなかで、希佐ちゃんが手鏡を大事そうにしている様子をカイさんから聞いて、思わず顔を赤らめる様子とかもね!!可愛かったけども!!

そんな状態からの、あのバレンタインですよ!!何事もないかのようにバレンタインに甘いものをリクエストして!!チョコを無事にもらってからの!!来年も……ってアレ!!!

 

可愛すぎかよおおおおおおお!!!!!(落ち着け)

 

意外と策士だな!?って思わせてからの、策士策に溺れるって結末よ!!青春かよ!!!←青春だよ!!!って自分でツッコミ入れたわ!!(笑)

「分かった」選択肢からあっさり部屋を出て、からのあのスズくんの様子が……本当にね!!!めっちゃ好きだったんです!!!←落ち着けって

 

何ていうかさ……ほら。最終公演後に根地先輩が語っていたことに「分かるっっ!!!」って全力で頷いていたんですが(笑)

スズくんって不器用そうに見えて、意外と周りを、希佐ちゃんのことをしっかり見てるんですよね。だからこそ初見で女性だと直観して、でもそれ以上は踏み込んでいない。

根っこにあるのは優しさなんですよね……好きだわぁ……←

最初はさ。無知ゆえの自信っていうのがあって、優しさはあっても使い方を間違えることがあった。創ちゃんの気持ちが正しく理解できなかったから衝突もしたけど。

挫折と、全力を出したうえでの敗北を経験したことで、ようやく創ちゃんと正面からライバル関係を結べた、って展開も胸アツで非常に好きです←それしか言ってないな本当に(笑)

 

 

 

……うん。もう変なスイッチ入って延々と語ってそうだから、この辺で強制的に終了しておきましょう(笑)

書いても書いても満足できない(笑)

 

次は創ちゃんの個別エンドを目指す予定……だったのですが。

スズくんルートで予想外に出番が多くて、変に創ちゃんにも感情移入してしまったので(笑)、一度距離を置くために、他のキャラにしておこうと思います(* 'ω')ノ

現時点では白田先輩かな?と思っているところ。

できれば3年の先輩方は後回しにしたいんですよねぇ……絶対泣くから(笑)

 

ではでは、また次の記事でお会いしましょうヽ(o´∀`o)ノ